小学・中学生が賢く塾を活用し、効率良く成績を上げる方法

小学生・中学生の塾の活用法

小学生

小学生に英語はどのタイミングで勉強させるべき?

更新日:

小学生を子供に持つお母様方が多く持たれる疑問の一つに”英語はどのタイミングで勉強させるべき?”というものがございます。

その疑問の回答について、この記事でご紹介します。

小学生の英語学習のタイミング

 

そもそも英語は中学から勉強するのでは?

一般的な小学校では英語を勉強する事なく6年間の学習を終え、中学に移りそこで英語を始めて英語を勉強する事になります。

それであれば、別に小学校のうちから英語を勉強させなくてもいいのでは?と思われるかと思います。

もちろん、こう言ったご意見の通り通常のカリキュラムとして中学からの勉強でも全く問題はありません。

が、しかし小学生というのは、実は英語の勉強をするにはなかなかタイミングの良いものなのです。

 

スポンサーリンク

 

小学生のうちに英語を勉強するメリット

では、なぜ小学生のうちから英語の勉強を行うことが推奨されているかと言いますと、実はこの時期は脳の機能が一番影響を受ける時期だからなのです。

この時期に英語の発音を耳で聞いて、口で発音しておくことにより、その後の英語の勉強の際に勉強の効果がより効率的に発揮されるのです!

 

具体的にどのような英語の勉強方法が良いの?

小学生の英語の勉強方法はどこを目標として備えるかによって、大きく異なります。

例えば、将来的にネイティブに近い発音や実際に海外の方々と会話ができるようになって欲しい場合は、英会話スクールなどで本物の発音と自分の口から発声する経験を積める場所が最適でしょう。

もし、そこまで考えておらず、単純に中学での英語の勉強で困らないという事でありましたら、個別塾などで英語だけを受講する、もしくは冬休みや春休みを利用して事前に英語に触れておくのが良いでしょう。そうすれば、中学に入って始めて英語を勉強する際に、抵抗なく学習することが可能になります。

 

まとめ

前述している通り、小学生の間に英語を勉強することに関しては、英会話の習得を目的としていない限り無理をしてまで勉強しなければいけないものではありません。

ただ、中学生以降の英語の成績には確実に影響があるものであり、更にお子様に遊び感覚で英語に触れさせる事で、ポジティブなイメージを持ってもらう事ができますので、メリットは多いに感じていただけるでしょう^ ^

スポンサーリンク

-小学生

Copyright© 小学生・中学生の塾の活用法 , 2018 All Rights Reserved.