小学・中学生が賢く塾を活用し、効率良く成績を上げる方法

小学生・中学生の塾の活用法

オンライン学習

発達障がいのお子さんにおすすめのオンライン学習教材『すらら』

投稿日:

発達障害の家庭学習にすらら
子供の発達障害と一口に言っても、PDD(広汎性発達障害)やLD(学習障害)など幾つかの種類に分けられます。

具体的にどのような症状が引き起こされるのか見ていきましょう。

 

  • 知的の発達に遅れが見られる
  • 1つの物事に集中できない
  • 思い付きで行動を起こしてしまう
  • 気が散りやすくて落ち着きがない
  • 「書く」「聞く」「話す」などの特定の行動が困難
  • 友達とのコミュニケーションが苦手

自分が発達障害と気付かないまま大人になると、「自分は周りの人と比べてダメなのかな・・・」とうつ病や自律神経失調症などの二次障害に発展するケースもありますので注意しなければなりません。

生まれつきの脳機能障害ですので完治はできないものの、親御さんの正しい対策で症状を改善して社会へと適応する力を伸ばすことはできますよ。

すららが発達障害のお子さんに適している理由は?

発達障害のお子さんの学習方法で悩んでいる親御さんには、オンライン学習教材のすららがおすすめです。

すららは学習障害児にも対応できる内容で開発されているため、次のようなお子さんに適しています。

 

  • 気分にムラがあってミスを何度も繰り返してしまう
  • 集中力が続かなくてじっと話を聞くことができない
  • 学習量が足りなくて学校の勉強が遅れている
  • 塾へと通わせても中々成果が出ない

「成績が上がらない」「学習が続けられない」といった場合、性格と環境の相性が良くないケースがほとんどです。

そんな時に対話型授業のすららを取り入れることにより、お子さん一人ひとりの特性に合わせて学習設計を行って日々の勉強をサポートしてくれます。

次項ではすららが発達障害のお子さんに適している詳しい理由をまとめています。

導入しようか迷っている親御さんは一度チェックしておきましょう。

身体の色々な感覚を使って学習できる

すららは従来のデジタル教材とは異なり、次のように身体の色々な感覚を使って学習できるシステムが作られています。

 

  • 分かりやすいアニメーションで画面を見て学ぶ
  • 講師の聞き取りやすい声で聞いて学ぶ
  • 記述式の演習問題で書きながら定着させる
  • ゲーミフィケーションで楽しみながら学ぶ

中でもアニメーションを主体とした授業を取り入れているのが最大の特徴です。

すららなら「飽きやすい」「集中できない」といった発達障害のお子さんでも大丈夫ですよ。

キャラクターの動きや話し方は滑らかで実際に会話しているような感覚で学べ、適度な間合いで話しかけてくれるので学習のモチベーションを維持できます。

自宅で1人でも学習できるeラーニング教材の強みを活かしていますので、苦手分野の克服や長所を伸ばす目的ですららを利用してみてください。

難易度をコントロールしながら苦手な分野の問題が出題される

発達障害のお子さんは特に、自分のレベルに合わない学習を続けても飽きて嫌になってしまいますよね。

そこで、すららでは難易度をコントロールしながら苦手な分野の問題が出題される仕組みが出来上がっていました。

 

  1. キャラクターの先生が解説してやり取りしながら問題を解いていく
  2. 学校の授業のようなスタイルで解説が不要であれば飛ばせる
  3. 問題を解いていくうちに苦手な部分が記憶される
  4. つまずきの原因を自動で見つけてピンポイントで診断してくれる
  5. それぞれのお子さんに最適なレベルの問題を自動的に選んで出題してくれる
  6. ユニット(解説とドリル)の部分では毎回丁寧な解説が入る

上記のような流れで学習ができ、「自分が分からないのに次々と問題が出される」といった心配は一切ありません。

学年の枠は特に設定されていません。

単元ごとのポイントに絞った学習を続けられるのもすららが発達障害のお子さんにピッタリの理由です。

発達障害の子の指導経験が豊富なコーチのサポートが受けられる

他のオンライン学習教材とすららの違うところは、発達障害の子の指導経験が豊富なコーチのサポートを受けられる点です。

お子さんの特性や性格に合わせた学習を自宅で続けられるように、すららを導入している学習塾の先生のすららコーチが以下のように家庭学習をサポートしてくれます。

 

  • すららの専用のマイページでお子さんの学習行動を把握する
  • お子さんの学習目的に合わせてトップ画面にカリキュラムを登録する
  • 現役のプロの先生がログイン時間や学習状況を分析する
  • 保護者からのヒアリングで学習設計を立てる
  • 親御さんが学習に関する悩みを電話やメールで直接相談することもできる

自宅にあるパソコンやタブレットで勉強しながら、発達障害の子供の指導経験が豊富なプロに相談できるのは非常にありがたいポイントなのではないでしょうか。

飽きない学習システムとプロのサポートの併用により、すららの学習継続率は89.1%と高い数値を残しています。

短期間で基礎学力を身につけたり学習力をアップさせたりできますので、すららに興味をお持ちの方は一度無料の学習体験を試してみてください。

 

すららの口コミの評判はどう?

すららが本当に発達障害の子供に良いオンライン教材なのか、口コミの評判を参考にしてみましょう。

 

  • 抵抗なく数学や国語の学習に取り組めるようになり、すららを継続してからもう1年半が経ちますよ
  • 毎日楽しそうに勉強している子供の姿を見ていると、すららを利用して本当に良かったと感じています
  • 安定して学習する日を設けたからなのか、以前よりも集中力がアップしました
  • 金額的に少し高いような気がしますが、コミュニケーションが上手く取れないウチの子にはオンライン学習の方が合っています
  • アニメーションの教材で分かりやすく丁寧に基礎から教えてくれるのですららはいいと思います
  • じっと座っていられないADHDの子供でも、落ち着いて学習できる習慣が身に付きつつありますよ
  • 定期テスト機能を使った模試は集中力の訓練に繋がるのではないかと思いました

まとめ

発達障害を抱えている子供の学習はとても難しく、「どうすれば良いのか・・・」と悩んでいる親御さんは少なくありません。

そんな時に自立学習支援プログラムのすららを利用すれば、日々の生活の中で勉強する習慣を付けながら学力のアップをサポートしてくれますよ。

「いきなり入会させるのはちょっと・・・」と不安を抱えている親御さんは、最初にすららへと資料請求をしてみてください。

-オンライン学習

Copyright© 小学生・中学生の塾の活用法 , 2017 All Rights Reserved.